« 吉備路文学館 特別展(1階展示室) 斎藤真一展「人生はさすらいである」(平成28年4月8日(金)~7月3日(日)) | メイン | 20世紀メディア研究所 : 第102回研究会(2016年4月30日(土)、早稲田大学早稲田キャンパス) »

2016年4月12日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●永青文庫 春季展示「千利休と武将茶人-茶入を中心に」(2016年4月16日(土)~6月26日(日))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展示情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.eiseibunko.com

--------------------

■春季展示 「千利休と武将茶人 -茶入を中心に」
会期が変更になりました
会期:4/16(土)~6/26(日)
※会期中一部展示替えを行います
戦国時代、戦いに明け暮れた武将たちのなかには、能楽や連歌、そして茶の湯に才能を発揮し、名を残す者が少なからず存在しました。特に、現在の細川家の初代にあたる細川幽斎(藤孝1534~1610)、三斎(忠興1563~1645)父子は、佗茶の大成者である千利休と深い親交を結んでいたため、永青文庫にはゆかりの茶道具が数多く所蔵されています。

本展では、幽斎・三斎と茶の湯の関わりを示す史料や、利休ゆかりの茶道具など、細川家伝来の茶道具を展示します。さらに、古田織部・織田有楽・小堀遠州など武将茶人ゆかりの茶道具を展示します。戦乱の世を生きた武将たちが、茶の湯の世界に見いだした美意識をご覧下さい。

●春季展示 「千利休と武将茶人-茶入を中心に」
入館料
一 般:800円(団体10名以上は700円)
シニア(70歳以上):600円(団体10名以上は500円)
大学・高校生:400円
中学生以下:無料
※友の会会員、障害者手帳をご提示の方およびその介護者(1名)は無料

開館時間 10:00~16:30(入館は16:00まで)
休館日 毎週月曜日
交 通 JR目白駅前より都営バス新宿駅西口行きにて
「ホテル椿山荘東京前」下車 徒歩5分


●グーグル提供広告