「近世経済データベース」公開【三井文庫が所蔵する三井家大坂両替店の記録「日記録」より、18世紀中期から明治初年にわたる、日々の米価、金銭比価、そして天候を採録するとともに、近世日本経済に影響を与えたであろう経済的事象を抽出してデータベース化し、解説文を付】したもの。文化10年(1813)までを公開。神戸大学経済経営研究所と公益財団法人三井文庫が共同で運営。

「近世経済データベース」
http://www.rieb.kobe-u.ac.jp/project/kinsei-db/index.html
詳細は、「近世経済データベース 概要」で。
【本データベースは、神戸大学経済経営研究所と公益財団法人三井文庫が共同で運営するものである。三井文庫が所蔵する三井家大坂両替店の記録「日記録」より、18世紀中期から明治初年にわたる、日々の米価、金銭比価、そして天候を採録するとともに、近世日本経済に影響を与えたであろう経済的事象を抽出してデータベース化し、解説文を付して、国内外の研究者および一般の方々に提供する。
天明7年(1787)に発生した「天明の打ちこわし」や、それにともない誕生した松平定信政権が進めた「寛政の改革」など、経済史上の著名な事象を俎上に乗せ、事象と相場の関係をデータベース化することにより、価格のみならず、経済イベントや自然災害イベントを採録することになる。その結果、各イベントが物価に与えた影響を概観することが可能となり、相場の変動要因の理解や、前後の時代における類似の変化・事象との比較などが容易となる。】
つづきはこちらから。
http://www.rieb.kobe-u.ac.jp/project/kinsei-db/about.html
※【平成28年度以降については、予算がつき次第、文化11年(1814)以降の公開に着手する予定である。】とのこと。