« 弥生美術館 展示「耽美・華麗・悪魔主義 谷崎潤一郎文学の着物を見る~アンティーク着物と挿絵の饗宴~」(2016年3月31日(木)~6月26日(日)) | メイン | 国立国語研究所が「沖縄語辞典データ集」「『日本語教育のための基本語彙調査』データ」「『幼児・児童の連想語彙表』データ」を公開。『日本語学習者による,日本語・母語対照データベース』の公開を再開。 »

2016年4月 1日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●竹久夢二美術館 展示「100年前に夢二が発信❤ 大正時代の「かわいい」展~乙女がときめくデザイン&イラストを中心に~」(2016年3月31日(木)~6月26日(日))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展示情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.yayoi-yumeji-museum.jp/yumeji/exhibition/now.html

--------------------

海外でも近年高く注目される「Kawaii(かわいい)」ですが、大正ロマンを象徴する画家・竹久夢二(1884-1934)は、自身がデザインした小物を大正時代に"かあいい"という言葉を用いて紹介し、暮らしや装いにいち早く彩りを添える仕事に才能を発揮しました。また大きな眼と、華奢で丸みを帯びた姿形を描き表した可憐な少女像の〈抒情画〉を確立し、日本近代の女性が憧れる「かわいい」世界を、夢二は時代に先駆けて表現しました。
  さらに夢二は、おしゃれなデザイン画や素朴で微笑ましいカット絵、加えて愛らしい子供絵も手掛け、現代にも通じる「かわいい」を数多く残しました。
  本展では今から100年前に夢二が発信した「かわいい」を集めて広く展示紹介するとともに、大正時代を中心に夢二が展開した「かわいい」の役割についても考察していきます。

会期 2016年3月31日(木)~6月26日(日)
開館時間 午前10時~午後5時 (入館は4時30分までにお願いします)
休館日 月曜日(ただし4/19~5/8の間は無休)
料金 一般900円/大・高生800円/中・小生400円
(弥生美術館もご覧いただけます)

お知らせ:

ギャラリートーク

企画展担当学芸員が展示を解説いたします。
  4/10(日)・5/8(日)・6/12(日)
 いずれも午後3時~


●グーグル提供広告