« 「アジアの中の日本」訴え続けて 上田正昭さん死去(朝日新聞) | メイン | 成蹊大学図書館・貴重書画像データベースに『男衾三郎絵巻』を追加 »

2016年3月14日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●瀬戸内に「中島医家資料館」開館 江戸期の器具や「解体新書」公開(山陽新聞)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

【江戸後期から続く医家・中島家の所蔵品を展示する「中島医家資料館」が、瀬戸内市邑久町北島にオープンした。鍼灸(しんきゅう)治療に使った銅人形をはじめ、西洋医学の翻訳書「解体新書」の初版本全5巻などが公開され、地域医療を最前線で支えてきた姿が伝わってくる。】
つづきはこちらから。山陽新聞。
http://www.sanyonews.jp/article/313775/1/


●グーグル提供広告