『異土 vol.11』(文学表現と思想の会)

文学表現と思想の会さまよりいただきました。
9907706-3-1.jpg
A5判・並製・314頁
2016.2.29発行
頒価 1200円
ISBN 978-4-9907706-3-1
発行所 文学表現と思想の会
〒630-0239 奈良県生駒市青山台342-98
TEL 0743-76-0704
【「異土」は小説と評論の文学同人誌です】
次回「異土」合評会は 2016.4.23(土)午後2時から5時まで
エル・おおさか(大阪府立労働センター)6F608号室 とのこと。
【目次】
評論1
井上光晴という生き方/松山愼介
内村鑑三の蒔いた種/田崎勝子
小説
粉骨/湖海かおる
チェンジ・マインド/熊谷文雄
評論2
『ブリキの太鼓』/紀井高子
カントの道徳論–自分の理性を使う勇気をもて–/野武政
浦上玉堂–琴を愛した文人画家–/月野惠子
歴史小説
松永軍記–足利幕府終焉の章–/秋吉好
執筆者名簿と編集後記