« 成蹊大学図書館・貴重書画像データベースに『男衾三郎絵巻』を追加 | メイン | 奈良文化財研究所、和同開珎出土遺跡データベースを公開(カレントアウェアネス・ポータル) »

2016年3月14日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●三の丸尚蔵館 第72回展覧会「古典再生―作家たちの挑戦」(平成28年3月25日(金)~6月19日(日)。前期・中期・後期あり)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展覧会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.kunaicho.go.jp/event/sannomaru/tenrankai72.html

--------------------

平成28年3月25日(金)~6月19日(日)
前期:3月25日(金)~4月24日(日)
中期:4月29日(金・祝)~5月22日(日)
後期:5月28日(土)~6月19日(日)

休館日:毎週月・金曜日,展示替の期間
ただし,3月25日(金),3月28日(月),4月29日(金・祝)は開館します。

開館時間:3月25日(金)~4月14日(木)
午前9時~午後4時15分(入館は午後4時まで)
4月16日(土)~6月19日(日)
午前9時~午後4時45分(入館は午後4時30分まで)

【明治維新後,近代国家としての自立を目指した日本は,急速に西欧化を推し進めていきました。しかし,その影響下で廃仏毀釈による古器旧物の破壊や,美術工芸品の国外流出が相次いだこともあり,明治十年代半ば頃から日本古来の伝統を保護しようとする機運が高まりを見せます。江戸時代後期に興った復古思想とも重なりながら,絵画や工芸の分野では,モチーフや形状,表現技法などの面で近世以前の古美術を古典として意識した作品が数多く作られるようになりました。それらは古典の単なる焼き直しに終わる作品も少なくありませんでしたが,徐々にその中から古典を表面的に模倣するのではなく,その本質を捉えた上で作家の個性や近代的な進取の精神とを融合した,新味あふれる作品が登場しました。大正時代以降も作家たちは真摯に古典と向き合い,その中にそれぞれが自分なりの美を発見し,新機軸となる作品を生み出していきました。このように古典を昇華して生み出された作品は,伝統保護の重要性を認識していた皇室,宮内省からも高く評価されて展覧会などで買い上げられ,また,皇室への献上を目的に制作された作品にも注目すべきものが多くあります。
本展では,古典に範を取りながらも,明らかな近代的感覚を抱かせる,不思議な魅力をもった近代美術の作品を紹介します。それらを通して明治,大正,昭和,それぞれの時代の作家にとって常に創作の源泉となり得た,日本美術という土壌の豊かさを再認識していただく機会となれば幸いです。】


●グーグル提供広告