« 図書、古典籍、日本占領関係資料、プランゲ文庫等約28,300点を「国立国会図書館デジタルコレクション」に追加しました(国立国会図書館) | メイン | 国文学研究資料館・平成28年度特別共同利用研究員の募集(平成28年4月15日(金)必着) »

2016年3月16日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●奈良県立万葉文化「辰巳寛 日本画展 伝統の美 辰巳寛が描く女歌の流れ」(2016年3月12日(土)~5月8日(日))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展示情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.manyo.jp/event/detail.html?id=142

--------------------

2016年3月12日(土)~5月8日(日)

 この度、奈良県立万葉文化館では「辰巳寛 日本画展 伝統の美 辰巳寛が描く女歌の流れ」を開催いたします。

辰巳寛 日本画展 伝統の美 辰巳寛が描く女歌の流れ

 1946年(昭和21年)奈良県奈良市生まれの辰巳寛(たつみかん)は、龍谷大学文学部在学中より文化勲章受章・橋本明治に師事し、1971年(昭和46年)第3回日本美術展覧会(以下、日展)に《黄色いワルツ》が初入選、その後同展に出品を続け、1980年(昭和55年)に第12回日展《ふたり》が特選を受賞(同88年)するなど、日展を中心に活躍をしています。

 また、1986年(昭和61年)京都府主催の「京の四季展」に委嘱出品した《一力茶屋二階より》(京都府立総合資料館蔵・京都文化博物館管理)の制作以来、舞妓を取材した作品を主に制作し、「都をどり」(京都市観光協会・祇園甲部歌舞会主催)のポスター原画を手掛けるなど、その活躍の場は多岐にわたります。

 本展は、辰巳寬の描く舞妓を題材とした作品を100点以上展示し、辰巳寛の画業を一度にご鑑賞いただけるまたとない機会になりました。現代に生きる伝統芸能の継承者としての舞妓の姿を、時間を忘れて存分にご堪能いただきたいと思います。


会 期 平成28年3月12日(土)~平成28年5月8日(日)
休館日 毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は翌平日)
会 場 奈良県立万葉文化館 日本画展示室
主 催 奈良県立万葉文化館

[ 会期中イベント ]

①学芸員によるギャラリートーク

日 時 平成28年3月13日(日) 13時30分~ 
会 場 日本画展示室

日本画展示室内におきまして、
担当学芸員によるギャラリートークを開催いたします。
※聴講には観覧券が必要です。


②美術講演会「伝統の美を描く(仮称)」

日 時 平成28年4月17日(日) 14時~ 
会 場 企画展示室
講 師 辰巳 寛(日展会員)
展覧会出品作品について、作者である辰巳寛先生にご講演いただきます。
※聴講には観覧券が必要です。


③特別スケッチ会「舞妓を描こう」

辰巳先生のご指導のもと、舞妓さんをモデルにスケッチ会を行います。

日 時 平成28年5月1日(日):13時~16時 
会 場 企画展示室
定 員 25名 ※要事前申込・要参加費(定員に達し次第終了)
主 催 万葉文化館友の会

講 師 辰巳寛先生(日本画家、日展会員)

★参加費★
友の会会員:4,000円 友の会会員以外:4,500円
 参加料は事前振り込み制(材料費を含む)
 作品は展示終了後、着払いにて返却します。
 (展示期間:平成28年6月7日~26日)

持ち物
筆記用具(鉛筆、消しゴムなど)・色鉛筆
 ※舞妓さんのいらっしゃる会場では水を使用出来ませんので、水彩絵の具などの使用はご遠慮ください。

備 考 スケッチ用紙は当館で準備します。

★申し込み・問い合わせ★

奈良県立万葉文化館友の会
TEL:0744-54-1853
FAX:0744-54-1852
Eメール:tomonokai@manyo.jp

郵便番号・住所・氏名・電話番号・会員の方は会員番号・希望講座「第124回 奈良県立万葉文化館友の会講座 舞妓を描こう」を明記の上、ハガキ・FAX・メール・電話にてお申し込みください。


友の会専用のページはこちら


●グーグル提供広告