説話文学会主催・シンポジウム「占いと説話」【ディディエ・ダヴァン(フランス国立極東学院東京支部)、マティアス・ハイエク(パリ第7大学)、平野多恵(成蹊大学)】(2016年04月23日(土)、日仏会館フランス事務所)

研究会情報です。
●公式サイトはこちら
http://www.mfj.gr.jp/agenda/2016/04/23/20160423_litterature_bouddique/index_ja.php

——————–
【フランスでは近年、安倍清明などを対象とした日本の「陰陽道」研究から「占い」に注目が集まっている。フランスにおける「占い」の最新研究成果と、日本人研究者による最新の研究成果の両方を踏まえ、意見交換することで、新たな国際共同研究の萌芽の場としたい。】
日時: 2016年04月23日(土) 13:30〜17:00
場所: 1階ホール
講演者:
ディディエ・ダヴァン(フランス国立極東学院東京支部)、マティアス・ハイエク(パリ第7大学)、平野多恵(成蹊大学)
【コメンテーター】小峰和明(立教大学名誉教授)
【司会】伊藤信博 (名古屋大学)
【発表者】
マティアス・ハイエク
パリ・ディドロ大学東アジア言語文化学部准教授。近世初・中期の「知」の形成と媒体について研究している。「近世日本の百科思想の芽生え―『和漢三才図会』の構成と出典の一考察」(『集と断片』勉誠出版、2014年)ほか論文多数。
ディディエ・ダヴァン
フランス極東学院東京支部研究員。一休を中心に日本禅宗史を専門とする。「一休の頂相:禅僧の顔から何が見えるのか」(『聚美』(17)、2015年)ほか論文多数。
平野多恵
成蹊大学文学部准教授。宗教者による文学活動やおみくじの文化史を研究している。著書『明恵 和歌と仏教の相克』(笠間書院、2011年)、論文「〈予言文学〉としてのおみくじ」(『〈予言文学〉の世界』勉誠出版、2012年)ほか多数。
【主催】説話文学会
【共催】日仏会館フランス事務所
日本語、通訳なし