『福岡教育大学 国語科研究論集』57

福岡教育大学国語教育講座内『国語国文学会』編集委員会さまよりいただきました。
hukuoka_57.jpg
A5判・並製・80頁
2016.3.1発行
【目次】
「桃太郎物草双紙」における「趣向の定型化」について
–「門破り」を視座として–  進藤竜二
明代莆田の『書経』学
 –福建の学術と挙業との関係をめぐる一考察–  鶴成久章
彙報
日中両言語における新語・流行語について  趙春娥
「可」と「ベシ」に見た上代の〈表記意識〉
 –記紀宣命を中心に–  長田成美