三田國文第六十号(平成27年12月号、三田國文の会)

三田國文の会さまよりいただきました。
mita60.jpg
●三田國文の会 公式ブログ
A5・並製・204ページ
一般頒価・750円
【目次】
『かやくき物語』の生成
―『うつほ物語』木曽本系統の伝流―
髙橋諒
『顕注密勘』考
―顕昭注と『奥義抄』の関わりについて―
新田奈穂子
表象心理学と物語行為
―森鴎外「雁」の表現戦略―
新井正人
初期漱石における「意志」の様相
―「文学論ノート」をめぐって―
伊藤節子
〈物語〉が問うもの
―泉鏡花「山海評判記」と小村雪岱の挿絵から―
富永真樹
漱石『文学論』成立過程の一側面
―中川芳太郎筆草稿「第五編 集合Fの差異」を視座として―
服部徹也
〈禁止〉と〈改善〉
―文藝懇話会をめぐる考察―
村山龍
直江兼続一座漢倭聯句百韻「楓散風紅色」注釈
小川剛生・川美穏・出村奈那恵
ロシア科学アカデミー・ピヨートル大帝人類学民族学博物館蔵の二絵巻について
辻英子
〈連絡先〉
〒108-8345 東京都港区三田2-15-45
慶應義塾大学国文学研究室
電話 03-3453-4511