« 第17回紫式部学術賞に、青島麻子著『源氏物語 虚構の婚姻』(武蔵野書院) | メイン | 「鳥獣戯画」、ついにアニメ化――制作はスタジオジブリ(ITmedia) »

2016年3月15日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●第2回「思想史の対話」研究会 「国学」研究の現在―学問領域の越え方―(2016年4月23日(土)、駒澤大学駒澤キャンパス)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.ajih.jp/taiwa.htm

--------------------

第2回「思想史の対話」研究会のお知らせ

題 目:「国学」研究の現在―学問領域の越え方―

日 時:2016年4月23日(土)14:00~17:30

会 場:駒澤大学駒澤キャンパス1号館301教室(下記のサイトの地図をご参照ください)
https://www.komazawa-u.ac.jp/facilities/campus/komazawa.html

申込み:不要

「国学」は、自己をとりまく諸々の枠組―言語・歴史・習俗など―を問い直し、江戸期の思想・文学・宗教をはじめとする諸領域に大きな足跡を残した。自己ならざるものを排除する身振りをともなったものの、「国学」者の「問い直し」は、今なお我々を深い思索へと導く。日本思想史研究において、「国学」研究は、村岡典嗣『本居宣長』以来、重要な焦点であり、他の学問領域と相互に影響を与えあいながら展開してきた。現在、細分化を余儀なくされつつあるものの、今後の学際研究のあり方を模索する上で、豊かな可能性を有する分野と言える。

第2回「思想史の対話」研究会では、政治思想史・日本文学・日本史という異なるディシプリンから「国学」研究に取り組む気鋭の研究者に、「「国学」研究の現在」を報告して頂き、今日の諸々の学問領域をとりまく枠組を「問い直し」、新たな「対話」の方途を探ることを目指す。

江戸思想史の専門家だけでなく、「学問領域の越え方」に関心のある様々な領域の研究者に参加頂けると幸いである。

報告者
相原耕作(明治大学)、青山英正(明星大学)、三ツ松誠(佐賀大学)

「思想史の対話」研究会幹事
高山大毅、板東洋介、水野雄司

「思想史の対話」研究会について
「思想史の対話」研究会は、若手研究者の交流と議論の活性化を目的として、日本思想史学会総務委員会による運営のもとで、 2015年から始まった研究会です。来年度は、2~3回の開催を予定しております。


●グーグル提供広告