« 西日本新聞(2016.2.28)で、古橋信孝『文学はなぜ必要か 日本文学&ミステリー案内』が紹介されました | メイン | 国立国会図書館リサーチ・ナビ(調べ方案内)に「公務員(官吏)の人物情報を調べる(戦前編)」掲載 »

2016年3月16日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●和歌文学会関西四月例会(第一二〇回)(2016年4月16日(土)午後2時より、奈良大学  本部棟4階大会議室)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://wakabun.blog10.fc2.com/blog-entry-225.html

--------------------

一、日時 2016年4月16日(土)午後2時より(午後1時半より受付開始)

一、会場 奈良大学  本部棟4階大会議室
近鉄「高の原」より、徒歩18分。タクシー約5分。
奈良交通バス「奈良大学構内」行き約6分終点、または「学園前駅」行き約6分「奈良大学」下車。   

一、研究発表
歌学書の生成と流布―藤原清輔の著述を中心に―   
早稲田大学(院) 梅田径 

秋篠切『後撰和歌集』について                 
関西大学(非) 立石大樹 

平安時代後期の歌合研究
就実短期大学(非) 鳥井千佳子

※研究発表終了後、懇親会を開催します。

〒605─8501 京都市東山区今熊野北日吉町35 
京都女子大学文学部国文学科  大谷俊太研究室内
和歌文学会関西例会事務局 E-mail obtains[アットマーク]kyoto-wu.ac.jp

なお、2016年の関西例会の予定は次の通りです。
4月16日 奈良大学
7月2日 関西大学
12月3日 京都女子大学(冷泉家特集・シンポジウム)


●グーグル提供広告