« 林 廣親『戯曲を読む術(すべ) 戯曲・演劇史論』(笠間書院) | メイン | 田島 公編『近衞家名宝からたどる宮廷文化史 陽明文庫が伝える千年のみやび』(笠間書院) »

2016年3月 1日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●朝日新聞「リレーおぴにおん テレビの時間」に田中ゆかり氏が登場「ドラマが映す、方言の価値」(2016年3月1日朝日新聞朝刊)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

【坂本竜馬はどんな日本語をしゃべっていたか。多くの人は「~ぜよ」という土佐弁を連想するでしょうが、それは実はテレビが広めたイメージです。】
つづきはこちらから。朝日新聞デジタル。(全文を読むには要登録)
(リレーおぴにおん)テレビの時間:10 ドラマが映す、方言の価値 田中ゆかりさん
http://www.asahi.com/articles/DA3S12234388.html


●グーグル提供広告