« 二松學舎大学論集 第59号 | メイン | 藤原定家『明月記』断簡の発見と、記者会見[久保木秀夫氏](鶴見大学・ドキュメンテーション学科ブログ) »

2016年3月25日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●若木書法會(國學院大學文学部書道研究室)會誌『若木書法 十五』(2016年2月28日発行)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

若木書法會(國學院大學文学部書道研究室)さまよりいただきました。

jakuboku015.jpg

『若木書法 十五』
A5判・並製・78頁
2016年2月28日発行

※本書は下記で購入可能です。
【問い合わせ先】
國學院大學文学部書道研究室 若木書法會
〒150-8440 東京都渋谷区東4-10-28
電話 03-5466-4812
【価格】700円

-----

【目次】
里那出土 陽陵貲銭牘の文字○佐野 光一
唐代の隷書 八 梁昇卿について○横倉 佳男
『源氏物語』における中国書論の受容再考(中)○橋本 貴朗
伝越部局筆「肥後切」に見る新異伝○高城 弘一
小島成斎千文字の出版と推移○田村南海子
秋艸道人書作品制作年代考(九)○中野  遵
〈後記〉


●グーグル提供広告