« 南氏のご発表について(有働裕)(西鶴研究会) | メイン | 田端文士村記念館 4月ひととき散歩「村上元三 没後10年 ~直木賞を支えた作家の生涯~」(平成28年4月16日(土)※要申込) »

2016年3月31日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●第112回国語語彙史研究会(2016年4月23日(土)、奈良女子大学文学系N棟201教室)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.let.osaka-u.ac.jp/jealit/kokugo/goishi/g-jikai.html

--------------------

第112回国語語彙史研究会


日時:4月23日(土) 13時30分~

場所:奈良女子大学文学系N棟201教室
    近鉄奈良駅(1番出口)から徒歩約5分 

発表題目および発表者

一 「色葉字類抄」が示す消極的要素の意味するもの
    ―本文に明示されない事項の解明に向けて―
      国立国語研究所 藤本 灯氏

二 「御訪れ」と「慰み」 ― キリシタンの翻訳方法 ―
     奈良女子大学 鈴木広光氏

三 ツマ[妻・夫]とトモ[友・伴] 
      中部大学 蜂矢真郷氏

・参加費として五百円をいただきます。
・研究会終了後、懇親会を開きますので、多数御参加下されば幸いです。
・メールによる案内を希望される方は、kgoishi@gmail.com 宛にメールをお送り下さい。


●グーグル提供広告