« 米沢嘉博記念図書館 企画展「マンガと戦争展 6つの視点と3人の原画から+α」(2016年2月11日[木・祝]~2016年6月5日[日]) | メイン | 日本出版学会「出版流通研究部会」「出版技術・デジタル研究部会」共催・雑誌の再生とデジタル化を考える=市場縮小・デジタル化に直面する雑誌販売の現状報告= 報告:梶原治樹氏(2016年3月11日(金)、八木書店本店・6F会議室 ※要申込) »

2016年2月11日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●北斎の師、勝川春章は17歳若い? 虫食い跡から新説(朝日新聞)【資料を見つけたのは神谷勝広・同志社大教授(近世文学)】

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

【葛飾北斎の師にして東洲斎写楽らの役者絵の祖とされる江戸中期の浮世絵師、勝川春章(しゅんしょう)。遅咲きの絵師と言われてきたが、従来の説より17歳も若かった可能性が高いことを示す資料が見つかった。きっかけは、一つの虫食い跡だった。】
つづきはこちらから。朝日新聞。
http://digital.asahi.com/articles/ASJ276JF8J27PLZU002.html


●グーグル提供広告