« 国際ワークショップ「貴重資料・デジタル化・キュレータの役割」(平成28年2月12日(金)、一橋大学附属図書館会議室(西キャンパス時計台棟1階)) | メイン | 言語処理学会第22回年次大会(2016年3月7日(月)~3月11日(金)、東北大学川内北キャンパス ※要申込(2/9まで)) »

2016年2月 4日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●ワークショップ「ウェブ・アーカイブの世界-人文学・社会科学から見た研究資源としての可能性-」(2016年2月18日(木)、大阪大学豊中キャンパス 大学院文学研究科本館461教室)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.hs.ura.osaka-u.ac.jp/goyamarintaro/archives/412

--------------------

2016年2月18日(木)14:00〜16:30
大阪大学豊中キャンパス 大学院文学研究科本館461教室

講演
「国立国会図書館のインターネット資料収集保存事業(WARP)とその利活用」
国立国会図書館関西館 電子図書館課課長補佐 前田 直俊

コメンテーター
岡島 昭浩 (文学研究科教授)  国語学・語彙史研究の立場から
石井 正彦 (文学研究科教授)  言語学・コーパス研究の立場から
辻田 俊哉 (コミュニケーションデザイン・センター講師) 政治学・国際関係論研究の立場から

司会
合山 林太郎 (コミュニケーションデザイン・センター准教授)

【私たちの生活をとりまくウェブ(インターネット)の世界は、そう遠くない将来、政治や社会、歴史や言語を考える上で、貴重な研究資源になると考えられます。そのとき、役立つのが、過去のウェブを保存し、利用に供するウェブ・アーカイブです。
このワークショップでは、数あるウェブ・アーカイブの中でも、国立国会図書館の「インターネット資料収集保存事業」 (WARP )に焦点を当てつつ、言語学、国語学、政治学など、複数の学問領域において、それが研究資源として、どのような可能性を持つのかについて議論していきま す。多くの方のご参加をお待ちしております。】

連絡先:合山林太郎研究室
goyama@let.osaka-u.ac.jp 06-6850-5680


●グーグル提供広告