« 北海道大学 大学院文学研究科・文学 第12回楡文賞受賞記念講演会【ウラジーミル・ソローキンの小説世界:松下 隆志/現代演劇と人形浄瑠璃における国際交流:マイエル・イングリッド】(2016年3月25日(金)、北海道大学人文・社会科学総合教育研究棟 文系6番教室) | メイン | くずし字学習支援アプリ「KuLA」が公開開始。iOS版、Android版あり。 »

2016年2月18日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●K.U.RESEARCH Vol.8 時代と分野を越えて「読む」[加納靖之(京都大学防災研究所 附属地震予知研究センター 助教)・橋本雄太(京都大学文学研究科 博士後期課程)]

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

【「ある土地で大地震が起こる頻度は百~数百年に一度。地震を理解し、今後の防災に役立てるためには昔の災害が記録された古文書を読み解かなければなりません」と、古文書の解読に取り組む科学者たちがいる。彼らはいま、分野を越えて人文学の研究者たちとともにデジタル技術を活用して解読を加速させつつある。みんなで読めば、困難は乗り越えられる。「読む」ことを通じて越境し続ける研究者たちに、「読む」ことから拡がる知の可能性について話を聞いた。】
つづきはこちらから。K.U.RESEARCH。
http://research.kyoto-u.ac.jp/documentary/reading/01/


●グーグル提供広告