« 言語処理学会第22回年次大会(2016年3月7日(月)~3月11日(金)、東北大学川内北キャンパス ※要申込(2/9まで)) | メイン | 日本近代文学会東海支部2015年度シンポジウム「昭和10年代文学場と〈外地〉」(2016年3月20日(日)、名古屋大学 東山キャンパス 文学部棟237教室) »

2016年2月 5日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●【Delve into Japanese Culture@ I-House】「和紙:その古くも新しい魅力」講師:ポール・デンホード氏(2016年4月15日(金)、国際文化会館 ルーム3・4 ※要申込)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

講演会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.i-house.or.jp/programs/publicprogram20160415/
--------------------

【Delve into Japanese Culture@ I-House】
和紙:その古くも新しい魅力

講師: ポール・デンホ−ド(和紙専門家・亜細亜大学講師)
日時: 2016年4月15日(金) 7:00~8:45 pm
会場: 国際文化会館 ルーム3・4
用語: 英語 (通訳なし) kisako_logo
会費: 2,000円
(国際文化会館会員と学生は1,500円、前日もしくは当日、国際文化会館にご宿泊の方は無料) 会費は、当日会場の受付にて現金でお支払いください。
定員: 80名 (要予約)  お申し込み
紙すき体験は含まれておりません。

国際文化会館は、KISAKO Intercultural Instituteとの共催で、英語による日本文化講座を実施しています。本シリーズでは、日本文化をさまざまな切り口で取り上げ、外国人の方にも日本人の方にも、新たな発見があるような内容をご紹介しています。今回は、新潟の工房で紙すきの修業を積んだ経験も持つ、和紙専門家のポール・デンホ−ド氏に、和紙作りの基礎、その技法並びに用途を中心に紐解いていただきます。同時に、一昨年ユネスコの無形文化財に登録された和紙についてもお話しいただきます。

ポール・デンホ−ド
カナダ出身。米国アイオワ大学にて工芸を学んだ後、2001年日本文部科学省の研究生として来日。以来20年以上和紙の研究を続けながら、講演や執筆活動を行なう。そのうち2年間は新潟の小国和紙工房にて紙漉き職人として腕を磨き、2008年にはトロントで開催されたワールド和紙サミットで活躍。『和紙の伝統・道具・技法の変化』の著者。現在は亜細亜大学にて教鞭をとる。


●グーグル提供広告