隠し文学館 花ざかりの森「新資料でよみがえる三島由紀夫 展 IX ─「三島、決断の時ー『盗賊』から『仮面の告白』へー」─」(平成28年2月27日(土)~3月21日(月・祝))

展示情報です。
●公式サイトはこちら
http://www.3ihanazakari.com/index.html
——————–
新資料でよみがえる三島由紀夫 展 IX
─「三島、決断の時ー『盗賊』から『仮面の告白』へー」─
三島由紀夫は作家活動に専念するため、わずか9ヶ月間ほどで大蔵相を辞めている。20代前半で、大きな転換期を乗り越えた「三島の決断」に、本人の著述、両親、編集者らの証言で迫る。
【同時開催】ミニ展示
全国文学館協議会・統一テーマ 「3.11 文学館からのメッセージ」
◆当館テーマ -「美しい星」と人類救済の試み-
平成28年2月27日(土)~3月21日(月・振替休日)
開館時間/午前10時から午後5時(入館は午後4時30分まで)
◆休館日/毎週月曜日(ただし、3月21日は開館)
◆主催/隠し文学館 花ざかりの森
◆共催/北日本新聞社
◆協力/公益財団法人 日本近代文学館
◆協賛/富山市教育委員会