« 「近代日本の日記文化と自己表象」第8回研究会(2016年2月27日(土)、明治学院大学白金キャンパス本館5階、1507室) | メイン | 『明月記研究』14号(八木書店)刊行。「ここで一旦の区切りと致します」。 »

2016年2月 2日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●愛知学院大学・人間文化研究所プロジェクト研究会「日記文化のひろがり」 【西田かほる氏・田中祐介氏】(平成28年2月20日(土)、愛知学院大学 日進キャンパス 3号館3階 3324教室)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.agu.ac.jp/topics/general/人間文化研究所主催「研究会」のお知らせ(220)/

--------------------

【開催日時】
2016年2月20日(土) 13:30-17:30

【開催場所】
愛知学院大学 日進キャンパス 3号館3階 3324教室

【研究発表】
「『西宮神社御社用日記』からみた宗教者」
(西田かほる、静岡文化芸術大学教授)

「「自己について綴り、あるいは綴らされるということ-近代日本の日記文化における自己表象の自発と強制、規範化と逸脱-」
(田中 祐介、明治学院大学教養教育センター助教)

【対象者】
 学生・一般・教職員

【問い合わせ】
 (研究会担当)文学部歴史学科 松薗教授(内線3241)または人間文化研究所(内線1875)


●グーグル提供広告