« 明石市立天文科学館・明月記を世界に紹介した謎のアマチュア天文家「射場保昭」展(2016年1月23日(土)~3月27日(日)、3階展示室)。特別展シンポジウム「明月記と超新星」(2016年2月20日(土)13時00分~16時30分(受付12時30分~)、明石市生涯学習センター、要申し込み) | メイン | 図書館協会選定図書(第2981回、15063865)・小林とし子『ひめぎみ考 王朝文学から見たレズ・ソーシャル』(笠間書院) »

2016年2月 3日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●京都産業大学日本文化研究所主催シンポジウム「和歌と短歌-心とことば 三十一(みそひと)文字(もじ)の世界-」【久保田淳氏・冷泉貴実子氏・永田和宏氏】(2016年2月21日(日)※要申込)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

シンポジウム情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.kyoto-su.ac.jp/events/20160221_850_sympo.html
●チラシはこちら
http://www.kyoto-su.ac.jp/events/lpom470000005i9w-att/Flier_20160221.pdf
--------------------

四季の移ろいの中、自然とともに生きてきた日本人は、和歌という文芸により、ことばを用いてこころの動きを定着させる術を手に入れました。恋の熱情や世の無常、人生の喜怒哀楽、折々の思いを伝えるために、日本人は現代に到るまでこの定型詩を手放そうとせず、三十一文字を紡ぎ出し続けてきたのです。
シンポジウムでは、まず、古典から現代短歌まで長年にわたり研究されてきた久保田淳氏、藤原俊成・定家を家祖とする「歌の家」に生まれ冷泉流歌道の伝統と文化を現代に継承されている冷泉貴実子氏、そして本学からは歌人で細胞学者、永田和宏総合生命科学部教授の3氏に、それぞれの視点から講演していただきます。
続くパネルディスカッションでは、和歌および短歌について、さまざまな角度から論じていただきます。

開催日時 2016年2月21日(日)
開場 13:00  開演 13:30  終演 16:30(予定)
会場 京都産業大学 壬生校地 むすびわざ館 2階ホール
   京都市下京区中堂寺命婦町1-10(京都市下京区壬生川松原下る)
   交通アクセス
定員 250名(参加無料)

申込方法 
インターネット 申込は以下にある申込フォームボタンから。
FAX 本ページにリンクしているチラシ裏面の参加申込用紙に必要事項ご記入の上、以下のFAX番号宛にご送信下さい。
FAX:075-705-1966
京都産業大学 研究機構(研究支援担当) 宛
往復はがき 郵便番号・住所・氏名(フリガナ)・年齢・性別・参加希望人数・電話番号をご記入の上、以下の宛先にご郵送ください。
 〒603-8555 京都市北区上賀茂本山
 京都産業大学 研究機構(研究支援担当) 宛
 ※ご提供頂いた個人情報は、本学開催行事の案内以外には一切使用いたしません。

申込期限 2016年2月12日(金)
 往復はがきは当日必着。参加証は2月15日(月)頃発送予定。
 ※インターネットからのお申込は定員に至るまで受付可能です。

申込フォーム
https://post.kyoto-su.ac.jp/s/wform/moshikomi/symposium/form8520008.php

【プログラム】

第一部:講演
 和歌と短歌〜二、三のことば・歌論を通して〜 久保田淳氏
 冷泉家の和歌 冷泉貴実子氏
 現代に生きる短歌〜近代から現代へ〜 永田和宏氏

第二部:パネルディスカッション
 久保田淳氏・冷泉貴実子氏・永田和宏氏

〈コーディネーター〉小林一彦氏


●グーグル提供広告