« 法政大学能楽研究所・シンポジウム「近世大名の能道具が語るモノガタリ」(2016年3月6日、法政大学ボアソナードタワー・スカイホール、入場無料(申し込み不要)) | メイン | 高校国語の科目構成 大幅に見直しの案(NHKニュース) »

2016年2月20日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●『四庫全書』と関連叢書の調べ方(リサーチ・ナビ 国立国会図書館)[更新日:2016年2月19日]

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

【『四庫全書』は清の乾隆帝(1711-1799)の勅命によって編纂された中国最大の叢書です。古今の重要な書物約3,460種、7万9千巻を、経(経書=儒教の経典や注釈など)・史(歴史や地理など)・子(諸子百家等)・集(詩文等)の四部に分類して収録しています。『四庫全書』とその関連叢書だけで15,000種以上の漢籍を収録しており、清代以前の漢籍を探す際にはまず調査したい資料群となっています。ここでは、『四庫全書』やその関連叢書の特徴と収録される漢籍の探し方をご紹介します。】
つづきはこちらから。国立国会図書館。
http://rnavi.ndl.go.jp/research_guide/entry/theme-asia-130.php.php


●グーグル提供広告