« シンポジウム「暁斎が描いた日本初の西洋料理―『西洋料理通』」(2016年3月27日(日)、蕨市立文化ホール「くるる」※要チケット) | メイン | 国際日本文化研究センター 第61回 学術講演会 光田和伸准教授 退任記念講演会(2016年3月14日(月) ※要申込(2.25必着)) »

2016年2月16日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●出光美術館「生誕290年記念 勝川春章と肉筆美人画 ―〈みやび〉の女性像」(2016年2月20日(土)~3月27日(日))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展示情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.idemitsu.co.jp/museum/honkan/exhibition/present/index.html
--------------------

2016年2月20日(土)~3月27日(日)
生誕290年記念
勝川春章と肉筆美人画
― 〈みやび〉の女性像

江戸時代中期に活躍した浮世絵師・勝川春章(かつかわしゅんしょう 1726-92)の生誕290年にあたる2016年、春章による肉筆美人画を特集する展覧会を開催いたします。
春章の画業がもっとも充実した時期は、多色摺木版画(錦絵)を創始した鈴木春信(1725?-70)の後半期に重なり、また、鳥居清長(1752-1815)や喜多川歌麿(1753?-1806)、東洲斎写楽(?-1794-?)といった浮世絵史上に輝く歴々の巨匠たちが脚光を浴びはじめる、まさにその目前で終わりをむかえます。活躍期を接するビッグネームたちに押されたためか、春章に寄せられるこれまでの評価は、いまだ作品の出来ばえに見合ったものとはいえません。歌舞伎俳優の特徴をとらえた、迫真的な役者絵にもすぐれた仕事を残した春章ですが、とりわけ晩年期に手がけられた肉筆による美人画は、その女性表現の優雅さにおいて、ほかの浮世絵師のそれとは一線を画したものといえます。
おそらくは周囲の貴顕たちの好みに応じた結果、風雅なおもむきを強くにじませることとなった春章の肉筆美人画は、同時代の女性という日常的で手近な題材をとらえながらも、画題の選択や表現技法に、〈古典〉とのつながりを明確に打ち出します。この展覧会は、〈美人画〉という現実の都市生活の断面を、伝統的な文化の枠組みのなかへ転じようとする、いわば〈俗中の雅〉ともいうべき性格に注目しながら、春章の芸術が目指したこと、そして、当時の鑑賞者たちが春章の絵画に期待したことを明らかにしようとするものです。

列品解説のおしらせ
3月3日(木)、3月17日(木)、
いずれも午前10時30分より

3月4日(金)、3月18日(金)、
いずれも午後6時より
(事前の申し込みは不要・入館料のみ)


●グーグル提供広告