« 文京区立森鴎外記念館 コレクション展「1915-16―100年前の鴎外とその時代」(2016年2月11日(木)~ 2016年4月3日(日)) | メイン | 橘曙覧記念文学館 新収館蔵品展・後期 芳賀矢一旧蔵の曙覧屏風(平成28年2月2日(火)~3月15日(火)) »

2016年2月12日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●高志の国文学館 企画展「夢二の旅-たまき・翁久允とのゆかりにふれつつ」(平成28年3月21日(月・振)~5月16日(月))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展示情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.koshibun.jp/news/event/企画展「夢二の旅-たまき・翁久允とのゆかりに-2.html
--------------------

企画展「夢二の旅-たまき・翁久允とのゆかりにふれつつ」

1 趣旨 
詩人画家・竹久夢二は、生涯にわたり旅を続け、新たな作品を生み出していきました。
夢二にとって、人との関わりもまた「異」なるものと出会う旅のひとつでした。
本企画展は、金沢湯涌夢二館で開催された「夢二の旅~鉄道と船の旅路をたどる~」展(平成27年4月18日ー8月16日)の出品作品を中心に紹介します。
交通網の発達とともに旅した夢二の作品は、現代においても示唆に富んでいます。
富山への初めての旅も、全線開通して間もない北陸本線を利用しました。旅のひとコマでもあった富山での夢二の足跡と、富山ゆかりの人々――夢二の妻岸たまきと、晩年に夢二を異国の旅へといざなったジャーナリスト翁久允(おきなきゅういん)とのかかわりも紹介します。
あわせて、富山の風景を描いた「有磯の海岸」(当館蔵)を初公開します。また、翁久允に宛てた夢二の書簡、渡米時の写真、夢二直筆のサインが記された渡米船龍田丸の送別晩餐会メニューなど、アメリカへの旅の往時がしのばれる貴重な品々を展示します。
2 会期 平成28年3月21日(月・振)~5月16日(月)
3 開館時間 9:30~17:00(展示室の入室は16:30まで)
4 休館日 毎週火曜日 ※5月3日(火・祝)は開館。
5 観覧料金 一般400円(320円) 大学生300円(240円)
※( )内は20人以上の団体料金。企画展観覧券で常設展もご覧いただけます。
※次の方は、常設展・企画展ともに無料で観覧できます。
小・中・高校生及びこれに準ずる方、各種障害者手帳をお持ちの方。
6 主催 高志の国文学館
7 特別協力 (公財)金沢文化振興財団 金沢湯涌夢二館
8 協力 朝日町立ふるさと美術館、(公財)翁久允財団


●グーグル提供広告