« 横光利一文学会 第15回大会(2016年3月5日(土)、國學院大學渋谷キャンパス) | メイン | 斎宮歴史博物館 歴史講座第4回「三重の妖怪と平安の怪談」(平成28年3月12日(土)※要申込(2/20必着)) »

2016年2月 4日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●シンポジウム『斎宮ナマ討論!伊勢神宮と斎宮』(平成28年2月27日(土)、さいくう平安の杜・西脇殿内 ※要申込(2/13必着))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

シンポジウム情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.bunka.pref.mie.lg.jp/saiku/event/27_namatoron/index.htm
--------------------

斎宮歴史博物館では伊勢神宮と斎宮、このふたつの関係を解き明かすシンポジウムを開催します。伊勢神宮に奉仕した「斎王」の宮殿の所在地である斎宮と、伊勢神宮の関係は意外と知られていません。このシンポジウムでは、文献史学、考古学それぞれの分野の第一線で活躍する研究者が、それぞれの立場から伊勢神宮と斎宮の関係を解き明かします。討論の聞き手には、伊勢神宮に関する著作も多い千種清美さんをお招きします。

1 日時 平成28年2月27日(土曜日) 13時から15時30分まで ※受付は12時30分から

2 会場 さいくう平安の杜・西脇殿内(多気郡明和町斎宮2800)
 ※近鉄山田線「斎宮駅」下車、史跡公園口から東側へ徒歩約5分
 ※伊勢自動車道「玉城IC」から約20分

3 主な内容
講演1「文献史学が解き明かす伊勢神宮と斎宮」
 榎村寛之(斎宮歴史博物館 職員)
講演2「考古学が解き明かす伊勢神宮と斎宮」           
 穂積裕昌(斎宮歴史博物館 職員)       
討論『伊勢神宮と斎宮 文献史学と考古学が解き明かすその歴史』       
 聞き手 千種清美さん(文筆家)

4 参加方法等
(1)定員 100名 ※応募者多数の場合は抽選となります。
(2)申込方法 「往復はがき」に、【1】住所【2】氏名(ふりがな)【3】電話番号【4】「斎宮ナマ討論」を明記し、下記までお申込みください。
「〒515-0325多気郡明和町竹川503 斎宮歴史博物館 斎宮ナマ討論!係」 
 ※2月13日(土曜日)必着 ※応募は1通につき1名様までです。
 ※eメールではお申込みできません。
 ※応募結果については2月16日(火曜日)に発送する予定です。
(3)参加料 無料

5 主催 斎宮歴史博物館

6 問合せ先 斎宮歴史博物館 調査研究課
電 話 0596-52-3800 FAX 0596-52-3724


●グーグル提供広告