« 絵ものがたり研究会「擬人化を考える ―異類の軍記を中心として」(2016年3月10日(木)、名古屋大学文系総合館) | メイン | 台東区立一葉記念館 春の錦絵展「吉原の櫻」(平成28年3月1日(火)~4月21日(木)) »

2016年2月23日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●青森県近代文学館 企画展「本はもう一人のわたし─児童文学者・鈴木喜代春」(平成28年1月30日(土)〜4月10日(日))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展示情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.plib.pref.aomori.lg.jp/top/museum/index.html
--------------------

【 企画展「本はもう一人のわたし--児童文学者・鈴木喜代春」 】

青森県南津軽郡田舎館村に生まれた児童文学者・鈴木喜代春は全国に知られた教育実践者でした。戦後、喜代春は「物語」を教材として取り入れることを考え自作した物語を学級文集に載せて教材としました。それに手応えを感じた喜代春は、その後も「人間のいる教科学習」にするための作品を書き続けます。こうして刊行された喜代春の著書は、実に二〇〇冊にものぼります。
この企画展では、時代の嵐に翻弄されながらも屈することなく、戦後七〇年にわたって教育に「人間」を取り戻そうと奮闘し、信念をもって書き続けた鈴木喜代春の業績と作品の魅力を紹介します。
   
会期:平成28年1月30日(土)〜4月10日(日)
   ※休館日は2月25日(木)、3月24日(木)
開館時間:午前9時〜午後5時 ※入館無料です。

【 企画展「本はもう一人のわたし--児童文学者・鈴木喜代春」の関連イベント 】

◆日曜講座
日時:平成28年3月6日(日) 14:00〜15:00(受付13:30〜)
演題:「鈴木喜代春・児童文学への思い」
講師:伊藤文一(青森県近代文学館総括主幹)
会場:青森県立図書館4階研修室
※入場は無料です。また、事前のお申し込みは不要です。参加ご希望の方は、当日会場にお越し下さい。

◆展示解説(会場:青森県近代文学館 企画展示室)
日時、担当職員は以下の通りです。
 1月31日(日) 14:00-14:30 竹浪直人(文学館)
 2月 7日(日) 14:00-14:30 伊藤文一(文学館)
 2月14日(日) 14:00-14:30 西谷ともえ(文学館)
 2月21日(日) 14:00-14:30 竹浪直人(文学館)
 3月13日(日) 14:00-14:30 竹浪直人(文学館)
 3月20日(日) 14:00-14:30 伊藤文一(文学館)
 3月27日(日) 14:00-14:30 西谷ともえ(文学館)
4月 3日(日) 14:00-14:30 竹浪直人(文学館)
 4月10日(日) 14:00-14:30(13:30〜14:00まで 午後の朗読会あり) 伊藤文一(文学館)

◆日曜午後の朗読会
今年の日曜午後の朗読会のテーマは「おとなのためのものがたり」です。みなさま、日曜の昼下がりの30分間、ゆったりと朗読を聞いてみませんか。
第1回:4月10日(日)13:30-14:00
鈴木喜代春「白い河」(担当:三森)
大正末期から敗戦までの歴史を、青森県の貧農の子どもを中心に書いた大作です。
会場:青森県近代文学館 企画展示室前ロビー


●グーグル提供広告