北海道立文学館開館20周年「さとぽろ」発見 大正 昭和・札幌 芸術雑誌にかけた夢(2016年1月30日(土)~3月27日(日))

展示情報です。
●公式サイトはこちら
http://www.h-bungaku.or.jp/exhibition/special.html
——————–
道立文学館開館20周年
「さとぽろ」発見 大正 昭和・札幌 芸術雑誌にかけた夢
会期:2016年1月30日(土)~3月27日(日)
「さとぽろ」は1925年、札幌で創刊された詩と版画の雑誌。外山卯三郎ら北海道帝国大学予科生を中心として札幌詩学協会が発行し、道外の前衛芸術運動からの刺激のもとダダイズムなどの西欧新思潮を反映したものでした。同人・寄稿者は、学生、教授、市民へと広がり、西村眞琴、田上義也、坂本直行ら多彩な人物が参加。文学、美術の他、演劇や音楽なども含め、大正末から昭和初期の札幌の文化シーンに衝撃を与えました。この芸術運動のうねりを当館所蔵資料等により紹介し、同人らの人物像にもせまります。
展覧会チラシ (PDF形式:約2.8MB)
観覧料 一般500(400)円、高大生250(200)円、中学生以下・65歳以上無料
( )内は10名以上の団体料金
主催 北海道立文学館、公益財団法人北海道文学館
後援 北海道、札幌市、札幌市教育委員会