« 日本史研究会 2016年3月例会「時代考証と歴史学」報告:大石学氏(2016年3月6日(日)、京都大学吉田キャンパス本部構内) | メイン | 図書館協会選定図書(第2984回、16003062)・秋成研究会編『上田秋成研究事典』(笠間書院) »

2016年2月24日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●谷崎潤一郎記念館 春の特別展「谷崎潤一郎・物語の棲み家~「ナオミの家」から「倚松庵」まで~」(2016年4月2日(土)~6月26日(日))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展示情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.tanizakikan.com/history.html#spring
--------------------

春の特別展 谷崎潤一郎・物語の棲み家~「ナオミの家」から「倚松庵」まで~
  2016年4月2日(土)~6月26日(日)

【79年の生涯で40回以上もの転居を繰り返し、阪神間だけでも21年間に13か所を移り住んだ谷崎潤一郎(1886~1965年)は、「家」に対して並々ならぬこだわりを持つ作家でした。常に執筆する作品の雰囲気に合う住居を求め、小説の内容と家のたたずまいが密接に結びつくことが少なくなかったのです。】続きは公式サイトへ

※展示品は時期によって入れ替えがあります。

■特別展開催時の記念館入場料は一般400円、65歳以上200円、高校・大学生300円、中学生以下無料となります。


●グーグル提供広告