府中市美術館 企画展 「ファンタスティック 江戸絵画の夢と空想」(2016年3月12日(土)〜5月8日(日))

展示情報です。
●公式サイトはこちら
http://www.city.fuchu.tokyo.jp/art/

——————–
江戸時代の絵の中には、思わず「ファンタスティック」と呼びたくなるような作品が数多くあります。空や月、夜の闇や雪景色など身の回りにある別世界を、あるいは、神仏や仙人、歴史の物語や伝説など、見ることのできない想像の世界を画家たちはさまざまな表現手法を使って豊かに描いています。本展ではそんな江戸時代の人々が見た別世界や夢のかたちを、前期・後期合わせて約160点の作品によって紹介します。前期と後期で全作品の展示替えを行います。
会期
2016年3月12日(土曜日)から5月8日(日曜日)まで
前期:3月12日(土曜日)から4月10日(日曜日)まで
後期:4月12日(土曜日)から5月8日(日曜日)まで
休館日
月曜日(3月21日、5月2日をのぞく)、3月22日(火曜日)
開館時間
午前10時から午後5時(入場は4時30分まで)
観覧料
一般700円、高校生・大学生350円、小学生・中学生150円
企画展の詳細はこちら