科研研究会 近世における天皇歌壇とその周辺Ⅱ(2016年2月28日(日)、大手前大学 さくら夙川キャンパス A棟2階 A24a教室)

研究会情報です。
●情報入手はこちら
http://bokyakusanjin.seesaa.net/article/433568495.html

——————–
科研研究会 近世における天皇歌壇とその周辺Ⅱ
日時 2016年2月28日(日) 14:00~17:20
会場 大手前大学 さくら夙川キャンパス A棟2階 A24a教室
研究発表
1、一戸 渉(慶応義塾大学斯道文庫 准教授)  14:00~14:30
  題目:「賀茂社家岡本家文書における入木道関係資料」
  質疑応答                  14:30~14:45
  ディスカッサント 盛田帝子(大手前大学 准教授)
2、青山 英正(明星大学 准教授)       14:45~15:15
  題目:「孝明天皇の和歌と志士」
  質疑応答                  15:15~15:30
  ディスカッサント 合山林太郎(大阪大学 准教授)
        (休憩 20分)
3、加藤 弓枝(国立高専機構 豊田高専 准教授) 15:50~16:20
  題目:「正保版二十一代集と堂上歌壇―出版背景を中心に―」
  質疑応答                  16:20~16:35
  ディスカッサント 勢田道生(大阪大学 特任講師)
4、鈴木 淳(国文学研究資料館 名誉教授)   16:35~17:05
  題目:「妙法院宮真仁法親王と六帖詠草の構想」
  質疑応答                  17:05~17:20
  ディスカッサント 神作研一(国文学研究資料館 教授)
総合司会 大阪大学 教授 飯倉洋一
展示 妙法院宮真仁法親王サロン関係資料
主催:科学研究費基盤研究(C)「光格天皇を中心とする堂上歌壇の実態と文芸ネットワークについての研究」(研究代表者:盛田帝子)