« 漱石の収蔵品、ネットで公開(読売新聞)【昨年4月に画像の公開に着手し、資料の解説を充実させて漱石の誕生日に当たる今月9日から本格稼働させた】「夏目漱石デジタル文学館」 | メイン | 大谷歩『万葉集の恋と語りの文芸史』(笠間書院) »

2016年2月13日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●法政大学能楽研究所 研究集会・展示「慶長文化の精華 光悦謡本の世界」(2016年2月27日(土)10:00~17:30、法政大学ボアソナードタワー26階スカイホール。入場無料・申込み不要)/展示 2016年2月17日(水)~3月31日(木)会場:法政大学ボアソナードタワー14階博物館展示室

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://kyoten-nohken.ws.hosei.ac.jp/uncategorized/2016/1965/

--------------------

2016年2月27日(土)10:00~17:30
入場無料・申込み不要。
会場:法政大学ボアソナードタワー26階スカイホール

午前の部 10:00~12:00

伊海孝充(法政大学)「光悦謡本と観世身愛」

鈴木広光(奈良女子大学)「光悦謡本の活字と組版」

小秋元段(法政大学)「『吾妻鏡』の刊行と嵯峨本出版文化圏」

午後の部 13:00~17:30

宮本圭造(法政大学)「周縁から見る光悦謡本」

落合博志(国文学研究資料館)「長頼謡本考」

柳沢昌紀(中京大学)「伝雛屋立圃謡本について」

佐々木孝浩(慶應義塾大学)「慶長前後の謡本の絵表紙流行について」

石川透(慶應義塾大学)「謡本の奈良絵本・絵巻」

----------

展示 2016年2月17日(水)~3月31日(木)

会場:法政大学ボアソナードタワー14階博物館展示室

光悦歌本のほか、初公開を含む江戸初期の謡本関連資料を多数展示します。

・10:00~18:00(最終日は15:00まで)

・休館日 日・祝日(ただし3月6日は能研主催のシンポジウム「近世大名家の能道具が語るモノガタリ」開催のため、11:00~13:00の間臨時開館)

・観覧無料。


●グーグル提供広告