« 【Delve into Japanese Culture@ I-House】「和紙:その古くも新しい魅力」講師:ポール・デンホード氏(2016年4月15日(金)、国際文化会館 ルーム3・4 ※要申込) | メイン | 三重大学伊賀連携フィールド総括シンポジウム「忍者文化研究・まちづくり研究をどう地域作りに活かすか」他(2016年2月20日(土)、ハイトピア伊賀3F) »

2016年2月 5日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●日本近代文学会東海支部2015年度シンポジウム「昭和10年代文学場と〈外地〉」(2016年3月20日(日)、名古屋大学 東山キャンパス 文学部棟237教室)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

研究会情報です。

●情報入手はこちら
http://hibi.hatenadiary.jp/entry/2016/02/04/230622

--------------------

2015年度シンポジウム
「昭和10年代文学場と〈外地〉」
(日本近代文学会東海支部・JSPS科研費「昭和10年代における文学の〈世界化〉をめぐる総合的研究」共催シンポジウム)


【パネリスト】 和泉 司(豊橋技術科学大学)
        光石 亜由美 (奈良大学)
        五味渕 典嗣(大妻女子大学)
【ディスカッサント】 若松 伸哉(愛知県立大学)

【日 時】2016年3月20日(日)14:00~17:30(予定)

【会 場】名古屋大学 東山キャンパス 文学部棟237教室
     http://www.nagoya-u.ac.jp/access/
    (名古屋市営地下鉄名城線「名古屋大学」駅下車すぐ)


●グーグル提供広告