« 台東区立一葉記念館 春の錦絵展「吉原の櫻」(平成28年3月1日(火)~4月21日(木)) | メイン | 【データベース】「日本語の大規模経年調査に関する総合的研究」サイト「岡崎敬語調査データベース」公開(国立国語研究所) »

2016年2月23日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●第200回青葉ことばの会記念大会(2016年3月12日(土)、明治大学 駿河台キャンパス グローバルフロント 3階403D)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

研究会情報です。


--------------------

日 時:3月12日(土) 午後1時~5時30分
会 場:明治大学 駿河台キャンパス グローバルフロント
     3階403D 【3階のD番教室です】

13:00~13:05 
記念大会趣旨説明

13:05~14:05 
明治期「朝日新聞」における複合助動詞
田貝和子氏(群馬工業高等専門学校)

14:05~15:05 
『浮雲』の接頭辞「御」について
平林一利氏(東洋大学非常勤講師)

15:05~15:20 休憩

15:20~15:30 出席者自己紹介

15:30~16:30 
「イザナギ―イザナミ」はなぜカ行対マ行なのか?
──「阻害音ー共鳴音」対応の意味的側面──
安部清哉氏(学習院大学)

16:30~17:30 
幕末明治期Japanese Grammarの接辞
金子弘氏(創価大学)

※事前申し込み不要・参加費無料です。


●グーグル提供広告