« 神戸女子大学古典芸能研究センター・企画展「ワキ方福王流の謡と歴史 ―江崎家旧蔵資料を中心に―」(2016年2月15日~3月31日 土・日・祝日休室) | メイン | 奈良県立万葉文化館~当館主任研究員・井上さやか監修『マンガで楽しむ古典 万葉集』発売記念緊急企画!!~万葉集ナナメよみ(平成27年度「万葉集をよむ」特別講座)(2016年3月19日(土)、定員:150名 申込不要(当日先着順)/無料) »

2016年2月17日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●大阪歴史博物館 15周年記念特別展「近代大阪職人図鑑―ものづくりのものがたり―」(平成28年4月29日(金・祝)~ 6月20日(月))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展覧会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.mus-his.city.osaka.jp/news/2016/artisan.html

--------------------

【大阪歴史博物館では、平成28年4月29日(金・祝)から6月20日(月)まで、6階特別展示室において、特別展「近代大阪職人アルチザン図鑑―ものづくりのものがたり―」を開催します。

明治維新以後の工芸界は東京を中心に発展を遂げ、国内外で高い評価を受けるようになります。しかしその一方、中央から離れた大阪での作り手や作品の中には、十分に世に知られないままのものが少なくありません。

平成28年は、大阪歴史博物館が開館してから15年となります。その間にも数多くの大阪の職人"アルチザン"の存在や作品が明らかになりました。これらは当館の前身たる大阪市立博物館の40年に大阪歴史博物館での15年を加えた、55年間の調査・収集の積み重ねによるものです。

本展覧会では、これまでの当館活動の中で見いだされた初公開作品を含む「忘れられた大阪の工芸」約170件を展示します。その中には美術か美術でないか、その区分にとらわれない「博物館」ならではの展示作品も少なくありません。そのような大阪の職人"アルチザン"が残した作品を通じ、大阪の近代工芸の知られざる魅力をご紹介します。】

主  催 大阪歴史博物館
特別協力 清水三年坂美術館
企画協力 公益財団法人阪急文化財団 逸翁美術館
会  期 平成28年4月29日(金・祝)~6月20日(月)
休 館 日 毎週火曜日
※ただし5月3日(火・祝)は開館、6日(金)は休室。
開館時間 午前9時30分から午後5時まで(会期中の金曜日は午後8時まで)
(ただし、入館は閉館の30分前まで)
会  場 大阪歴史博物館 6階 特別展示室


●グーグル提供広告