« 国文学研究資料館「1月29日にデータベースをリプレースしました」 | メイン | 国際日本文化研究センターシンポジウム「翻訳の再評価:学問を深める原動力」(2016年2月27日(土)−28日(日)、要参加申し込み) »

2016年2月 1日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●「「国文研古典籍データセット(第0.1版)」公開」(岡田一祐:東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所)・DHM 053 【前編】 | 人文情報学月報 / Digital Humanities Monthly

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

【2015年11月10日に、国立情報学研究所を通じて、「国文研古典籍データセット(第0.1版)」が公開された[1]。これは、国文学研究資料館(国文研)が中心となって行っている「日本語の歴史的典籍の国際共同研究ネットワーク構築計画」の一環として行われたものである[2]。データセットとしては、画像データ・書誌データ・本文データ・タグデータの組み合わせからなり、国文研の所蔵する350点の資料について公開されたものである。画像データと書誌データは全資料について存在し、本文データとタグデータについては一部のものにとどまっている。】
つづきはこちらから。DHM 053 【前編】 | 人文情報学月報。スクロールして下の方。
http://www.dhii.jp/DHM/dhm53-1


●グーグル提供広告