« 研究発表会「バリエーションの中での日本語史」(2016年4月30日(土)~5月1日(日)、大阪大学豊中キャンパス ※事前申込) | メイン | 『駿河台文芸』30号に、小川和佑『詩の読み方 小川和佑近現代詩史』の書評が掲載されました(評者・多田統一氏) »

2016年1月27日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●『ゲストハウス』臨時増刊号vii(信州大学人文学部)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

松本和也氏よりいただきました。

1883-6674-rinzi7.jpg

●公式ブログはこちら

B5判・24ページ
2016.1.15
ISSN 1883-6674

【目次】
《批評》
サバイバル精神と変身する「私」
 ──綿矢りさ『かわいそうだね?』を読む/松本和也
《論文》
三島戯曲上演における抽象と「リアリズム」
 ──三条会『熱帯樹』論/後藤隆基
《インタビュー》
関美能留氏インタビュー:演劇を続ける。
 ◇第7回 鈴木忠志さんのこと◇

●お問い合わせ
松本市旭3-1-1 信州大学人文学部
松本研究室内『ゲストハウス』編集部


●グーグル提供広告