SAT大蔵経DBの2015年度版で、巻ごとに単語の頻度情報を表示できるように