« 『国語と国文学』平成28年2月特集号(広告掲載) | メイン | あべのハルカス美術館「長谷寺の名宝と十一面観音の信仰」(2016年 2月6日(土) ~ 3月27日(日)) »

2016年1月21日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

● 国文研「歴史的典籍オープンデータワークショップ」<報告>(国文学研究資料館・中村美里氏)(カレントアウェアネス・ポータル)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

【国文研「歴史的典籍オープンデータワークショップ」<報告>

 国文学研究資料館(以下「当館」)では2014年から「日本語の歴史的典籍の国際共同研究ネットワーク構築計画」を実施しており,30万点の古典籍画像を搭載したデータベースの構築と,それを基盤とした国際共同研究ネットワークの形成を事業の柱として,国内外の大学等と連携しながら本計画を推進しているところである。その事業の一環として,2015年11月10日,「国文研古典籍データセット」を国立情報学研究所(NII)の情報学研究データリポジトリ(IDR;E1755参照)において公開した。これは,当館が所蔵する古典籍の画像・書誌データ350点から成るものであり,クリエイティブコモンズの「表示-継承」(CC BY-SA)ライセンスのもと公開している。】
つづきはこちらから。カレントアウェアネス・ポータル。
http://current.ndl.go.jp/e1754


●グーグル提供広告