西田谷 洋編『女性の語り/語られる女性 日本近現代文学と小川洋子』(一粒書房)

西田谷洋氏よりいただきました。
zyoseinokatari.jpg
●公式サイトはこちら
http://www.ichiryusha.com/book/index.php?main_page=product_info&cPath=23&products_id=522
女性の語り/語られる女性 日本近現代文学と小川洋子
非売品
●著 者 西田谷 洋
●サイズ A5版
●ページ 89頁
●カバー ソフトカバー
●発行日 2015年12月17日
【目次】
川上弘美『センセイの鞄』論—-語り手による物語の生成  上野未貴
現代から反戦への語りを代行すること—-立原えりか「アイスキャンデー売り」  舟橋恵美
女語りと自己承認—-村上春樹「眠り」「加納クレタ」「緑色の獣」「氷男」  西田谷洋
周囲に目覚めさせられた性—-田村俊子「枸杞の実の誘惑」  高木佐和子
千春の戦術—-江國香織「藤島さんが来る日」  高田雅子
孤独を演じるということ—-江國香織「ねぎを刻む」  山道貴代

小川洋子教科書教材を読む
物語による弔い—-小川洋子教科書教材の世界  高木佐和子
過去との邂逅—-「トランジット」  西田谷洋
例外状態のゆくえ—-「バックストローク」  高木佐和子
虚構の効用—-「飛行機で眠るのは難しい」  高木佐和子
おぞましき距離化—-「果汁」  西田谷洋
過去を超えて今を見つめること—-「リンデンバウム通りの双子」  高木佐和子
ポスト・ヒューマンの内実—-「博士の愛した数式」  西田谷洋
捏造する守護天使—-「巨人の接待」  西田谷洋
カスタトロフからの救済—-「ハキリアリ」  西田谷洋

あとがき—-江國香織「ねぎを刻む」から  西田谷洋
執筆者紹介