« 古代文学研究会2016年2月例会(2016年2月14日(日)、愛知淑徳大学星が丘キャンパス) | メイン | 山本章博『中世釈教歌の研究 寂然・西行・慈円』(笠間書院) »

2016年1月25日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●【本日】<舞台芸術・芸能関係映像の デジタル保存・活用に関する調査研究事業>成果報告会『夏芝居ホワイト・コメディ』上映会&トーク(2016年1月25日(月)、早稲田大学小野記念講堂 ※事前申込制

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

上映会&トーク情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.waseda.jp/enpaku/ex/4235/

--------------------

<舞台芸術・芸能関係映像の デジタル保存・活用に関する調査研究事業>成果報告会
『夏芝居ホワイト・コメディ』上映会&トーク

日時:2016年1月25日(月)14:00~16:30(13:30開場)
場所:早稲田大学小野記念講堂
定員:200名 ※事前申込制/先着順 参加無料
申込方法:演劇博物館ホームページにて受付(http://www.waseda.jp/enpaku/ex/4235/

トークゲスト:渡辺美佐子氏(俳優)、大笹吉雄氏(演劇評論家)
司会進行:岡室美奈子(演劇博物館館長)

1970年に鈴木忠志が演出した『夏芝居ホワイト・コメディ』は、小劇場運動最盛期の伝説的な舞台のひとつとして語り継が れています。その映像が残されていたことがわかりました。これまでに公開で上演記録映像が上映されたことはなく、大変貴重な上映 の機会となります。上映後には出演しておられた女優の渡辺美佐子氏をお招きし、演劇評論家の大笹吉雄氏とともに当時を振り返る トークを開催いたします。
『夏芝居ホワイト・コメディ』は、鶴屋南北作「杜若艶色紫(かきつばたいろもえどぞめ)」と、同じく鶴屋南北作「隅田川花 御所染」に由来する「加賀見山旧錦絵(かがみやまこきょうのにしきえ)」の一部をコラージュした作品。現代演劇のみならず、歌舞 伎にご関心の向きにも、ぜひお薦めします。

『夏芝居ホワイト・コメディ』(1970, アートシアター新宿文化)
原作:鶴屋南北
演出:鈴木忠志
美術:高田一郎/音楽:阿部公甫/照明:浅沼貢/効果:サウンド・クラフト/舞台監督:大野泰/演出助手:手塚俊一/制 作:岩瀬佐津夫
出演:岡村春彦、小野碩、観世栄夫、高橋辰夫、辻本勝義、蔦森皓祐、浜村純、林昭夫、深尾誼、白石加代子、吉行和子、渡辺 美佐子、他


●グーグル提供広告