日仏会館フランス事務所[ 講演会 ]フランスの広重 : ノエル・ヌエット【クリスチャン・ポラック (明治大学、社会科学高等研究院)】(2016年03月01日(火))

講演会情報です。
●公式サイトはこちら
http://www.mfj.gr.jp/agenda/2016/03/01/20160301_noel_nouet_1/index_ja.php

——————–
日時:2016年03月01日(火) 18:00〜19:30
場所:1階ホール
講演者:クリスチャン・ポラック (明治大学、社会科学高等研究院)
ノエル・ヌエット(1885-1969)は、ブルターニュに生まれ、幼少期から広重の浮世絵に親しむ。詩人、画家、歴史家、文学博士。1926年、40歳のときに来日、以後1962年まで36年間にわたり日本に滞在する。その間、永井荷風や与謝野晶子、石井柏亭らと交流した。広重が描いた江戸の姿を留める場所を探し、東京の高台、ビルの屋上、有名な橋からの眺めを題材に、万年筆によるスケッチ集を出版。やがてそれらのスケッチは浮世絵版画となり、「広重四世」という名前をつけられた。1937年には「東京 古い都・現代都市」と題したスケッチ集が、日仏会館から出版された。
【講師】クリスチャン・ポラック (明治大学、社会科学高等研究院)
【主催】(公財)日仏会館、日仏会館フランス事務所
逐次通訳