« あべのハルカス美術館「長谷寺の名宝と十一面観音の信仰」(2016年 2月6日(土) ~ 3月27日(日)) | メイン | 福岡市文学館読書講座「九州ゆかりの文学を読む4―沖縄の文学を読む」(2016年02月20日〜3回、福岡市赤煉瓦文化館 ※要申込) »

2016年1月22日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●《報告》「歴史的典籍オープンデータワークショップ~古典をつかって何ができるか! じんもんそん2015~」 グループ成果まとめ(国文学研究資料館)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

【国文学研究資料館は2015年12月18日に 「歴史的典籍オープンデータワークショップ~古典をつかって何ができるか! じんもんそん2015~」を開催しました。館蔵資料の画像データと書誌データ約350点(全冊約6万4千コマ)を国立情報学研究所(NII)のご協力のもと、同研究所の「情報学研究データリポジトリIDR」より、データセットとして公開し、アイデアソンではこのオープンデータを活用しました。
このほど、アイデアソンで交わされたグループの意見をまとめましたので、ご報告いたします。このアイデアを実現できるよう、資料館では現在活動中です!】
つづきはこちらから。国文学研究資料館。
https://www.nijl.ac.jp/pages/cijproject/report_20151218.html


●グーグル提供広告