« みんぱくウィークエンド・サロン――研究者と話そう 画像データベースで見る・学ぶ「近代日本の身装文化」講師:丸川雄三氏(2016年1月17日(日)、国立民族学博物館) | メイン | 國學院大學博物館 常設展示室 相互貸借特集展示(西南学院大学博物館資料)「異国イメージⅠ―紅毛人から阿蘭陀人へ―」(平成28年1月8日(金)~4月23日(土)) »

2016年1月13日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●講座 歴史の歩き方 ―日本を見つける知の探訪―(第74回)壇ノ浦1185―平家滅亡と「無常」の物語 講師:兵藤裕己氏・日下力氏(平成28年3月11日(金)、よみうりホール(千代田区)※要申込)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

講座情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.jrtf.or.jp/history/
--------------------

講座 歴史の歩き方 ―日本を見つける知の探訪―

(第74回)壇ノ浦1185―平家滅亡と「無常」の物語

平成28年3月11日(金)18:00~20:45 よみうりホール(東京都千代田区有楽町1-11-1)

炎上、死去、落(おち)、被斬(きられ)、被流(ながされ)、最期(さいご)...
『平家物語』の巻名に散りばめられた、滅びの言葉たち。
この物語は平安末期に起こった源平の争乱を描くものでありながら、
戦況や勝敗を伝えるだけの役割でなかったことを、巻名の言葉がよく物語っている。
朝廷で栄華を誇りながら、ついには海へと沈む平家一門。
その亡者たちに思いをよせ、その魂を鎮めるために、『平家物語』は生まれた。
すべては春の夜の夢。
日本人の無常観に大きく影響を及ぼした滅びの物語に、私たちはどこまで共鳴できるか。
兵藤裕己先生には、『平家物語』における「語り」と鎮魂の思想について、
日下力先生には、軍記文学の役割と『平家物語』の無常観についてお話しいただきます。

開催日時 平成28年3月11日(金)
開場 17:00 開演18:00(20:45終了予定)
会場 よみうりホール(東京都千代田区有楽町1-11-1)
JR・地下鉄有楽町線有楽町駅より徒歩1分
定員 1,100人
参加費用 1,000円(税込)。当日お支払いいただきます。
申込締切日 平成28年2月8日(月)必着
お申込方法 通常はがきに、参加される方の 郵便番号・住所・氏名(フリガナ)・年齢・電話番号 を明記の上、下記にお申し込みください。 (1枚につき2人までご応募いただけます。 その際は必ず上記事項を2人分ご記入下さい)
〒108-0075 東京都港区港南2-1-95 JR東海品川ビルB棟7F
JR東海エージェンシー内 「講座 歴史の歩き方」事務局Z係
※定員を超えた場合は抽選。参加いただく方には入場整理券をお送りいたします。
主催 公益財団法人JR東海生涯学習財団
後援 京都市
協賛 東海旅客鉄道株式会社
企画・運営 株式会社ジェイアール東海エージェンシー
お問い合わせ 「講座 歴史の歩き方」事務局 Tel. 03-6688-7884
講座ホームページ http://www.jrtf.or.jp/history/


●グーグル提供広告