« 第392回 国語学研究会(2016年1月26日(火)、東北大学文科系総合講義棟二階) | メイン | 畠山記念館 冬季展「春に想う--梅・椿・桜・桃--」(平成28年1月16日(土)~3月13日(日)) »

2016年1月15日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●言語文化研究所 比較言語文化論シンポジウム「動物を表すことばと動物のイメージ 日本語・英語・フランス語・中国語・韓国語」(平成28年2月6日(土)、聖徳大学)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

シンポジウム情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.seitoku.ac.jp/chizai/event/
--------------------

言語文化研究所 比較言語文化論シンポジウム「動物を表すことばと動物のイメージ」

タイトル
動物を表すことばと動物のイメージ
日本語・英語・フランス語・中国語・韓国語

日時・場所
日時:平成28年2月6日(土)13:00~15:00
会場:聖徳大学10号館14階
※事前申込不要・参加費無料

内容
太古から、人類は動物とともにあり、動物は人類とともにありました。例えば、犬。犬は、番犬として、狩猟犬として、牧羊犬として、また、愛玩犬などとして飼育されてきました。牛は、役牛・肉牛・乳牛として品種改良され、家畜として人の役に立ってきました。
しかし、人と動物との関わり方は、民族によって、そして、動物の特性によって異なります。その違いと、その動物が持つ本性とが、それぞれの民族に特有の動物イメージを作っています。日本語では温和で、時に間抜けな(「兎兵法」)イメージのある兎は、それを狩猟対象とした古代中国では行動の敏捷・迅速なことを比喩する動物として、一方、英語では、多産・再生・復活をイメージする動物として捉えられています。
日本語・英語・フランス語・中国語・韓国語には、動物と動物を表すことばにどんなイメージが凝縮されているでしょうか。それぞれの言語に特徴的な事例に焦点を絞って考えます。

パネラー
林 史典(聖徳大学言語文化研究所長)
ピーター ヴィンセント(聖徳大学語学教育センター教授)
アラン メドウズ(聖徳大学語学教育センター准教授)
クリスティアン ブティエ(聖徳大学人文学部英米文化学科准教授)
李 哲権(聖徳大学文学部文学科准教授)
森 貞美(聖徳大学児童学部児童学科准教授)

チラシ
チラシのPDFはこちら


●グーグル提供広告