« 福岡市文学館読書講座「九州ゆかりの文学を読む4―沖縄の文学を読む」(2016年02月20日〜3回、福岡市赤煉瓦文化館 ※要申込) | メイン | 第11回TOKYO漢籍SEMINAR「目録学に親しむ」(2016年3月14日(月)、一橋大学 一橋講堂中会議場 ※要申込) »

2016年1月22日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●大阪大学21世紀懐徳堂塾OSAKAN CAFE vol. 7「人形遣い物語」(2016年3月19日 (土) 13:30 から 16:00、大阪大学中之島センター 10階佐治敬三メモリアルホール、要申し込み)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

ワークショップの情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.osaka-u.ac.jp/ja/news/seminar/2016/03/6866

--------------------

【7回目のOSAKAN CAFEは、日本の人形浄瑠璃やアジアの人形劇の世界を、「人形遣い」という視点から紐解きます。写真での解説だけではなく、人形浄瑠璃のプロによるワークショップも行います。ぜひご参加ください!
なぜ、人間ではなく人形なのだろう。
どうして、人間より人間らしい感情がでるんだろう。
何ゆえに、三人遣いなんだろう。
どうして、修行は何十年もかかるのだろう。
そんな疑問に向けて、答えを探ろうと思います。

文楽人形遣いさんとのワークショップ。
たっぷり、ゆっくり「文楽人形」に触れて帰ってください。】

日時: 2016年3月19日 (土) 13:30 から 16:00
主催: 大阪大学21世紀懐徳堂
協賛: 協力:NPO法人 人形浄瑠璃文楽座
場所: 大阪大学中之島センター 10階佐治敬三メモリアルホール
参加登録: 必要(Web)
連絡先: 大阪大学21世紀懐徳堂/社学連携課
kousya-syagaku-renkei1@office.osaka-u.ac.jp

開場13:00/開演13:30~16:00

第1部

「写真で見るアジアの人形遣い」 荒木基次(大阪大学21世紀懐徳堂・特任研究員)

「オモテからカシラまで-表情の変化(へんげ)」 中尾薫(大阪大学大学院文学研究科・准教授/演劇学)

第2部

人形遣い(ワークショップ)

吉田簑紫郎(人形浄瑠璃文楽座人形遣い)

左遣い:桐竹勘次郎  足遣い:桐竹勘介


●グーグル提供広告