« 吉備路文学館 企画展(2階展示室)「吉備路近代文学の7人展」~森田思軒 近松秋江 木下利玄 西東三鬼  永瀬清子 吉行エイスケ 吉行淳之介~(平成28年1月26日(火)~3月31日(木)) | メイン | 市立枚方宿鍵屋資料館 くずし字に親しむ~「くらわんか舟と枚方」(3回連続講座:2016年3月12日・19日・26日(各土曜)※要申込) »

2016年1月19日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●安田女子大学日本文学会・平成27年度研究発表会(2016年2月13日(土)、安田女子大学8号館3階8303教室)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://nichibun-original.blogspot.jp/2016/01/blog-post.html

--------------------

●日時 2016年2月13日(土)13:30-16:40
●会場 安田女子大学8号館3階8303教室
●発表題目・発表者

・『花鳥余情』における『河海抄』の享受について
 ―『源氏物語』古注釈の延喜天暦準拠説を基軸として―
   日本文学科四年 渡橋恭子
・中学校国語科における漢字語彙指導
   博士前期課程二年 金子恵美
・備後国福山藩風俗問状答書の研究
   博士前期課程二年 吉村早織
・広島市方言の動態-世代別対話資料からの考察-
   日本文学科教授 町博光


●グーグル提供広告