東京国立近代美術館「恩地孝四郎展」(2016.1.13 – 2.28)

展示会情報です。
●公式サイトはこちら
http://www.momat.go.jp/am/exhibition/onchikoshiro/

——————–
海外美術館所蔵の重要作62点を含む約400点を一挙公開
2016.1.13 – 2.28 企画展
恩地孝四郎展
【日本における抽象美術の先駆者であり木版画近代化の立役者でもある恩地孝四郎の、20年ぶり3回目、当館では実に40年ぶりとなる回顧展です。
 恩地は抽象美術がまだその名を持たなかった頃、心の内側を表現することに生涯をかけた人物です。彼の創作領域は一般に良く知られ評価の高い木版画のみならず、油彩、水彩・素描、写真、ブックデザイン、果ては詩作に及ぶ広大なもので、まるで現代のマルチクリエイターのような活躍がうかがえます。本展では恩地の領域横断的な活動を、木版画約250点を中心に過去最大規模の出品点数約400点でご紹介いたします。
 また見逃せないのは、里帰り展示される62点。戦後、特に外国人からの評価が高かった恩地の作品は、その多くが海を渡っていきました。本展では海外所蔵館(大英博物館・シカゴ美術館・ボストン美術館・ホノルル美術館)の多大な協力のもと、現存作が一点しか確認されていない作品や摺りが最良の作品など恩地の重要作をご覧いただきます。】