« 公益財団法人せたがや文化財団正規職員募集【事務】(【応募受付期間】平成28年1月8日(金)〜平成28年1月22日(金)必着) | メイン | 東京家政大学・非常勤講師 共通教育科目「日本人と日本文化」担当(2016年01月30日 必着) »

2016年1月 9日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●中野区立中央図書館・第12回中野区ゆかりの著作者紹介『異彩の作家 香山滋~古代・浪漫・奇譚~』(平成27年11月28日(土)~平成28年1月28日(木))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展示会情報です。

●公式サイトはこちら
https://www3.city.tokyo-nakano.lg.jp/tosho/event/event_yukari12_2015.html

--------------------

【<展示紹介>
 爬虫類、昆虫、怪獣―異色の題材を携えて突如現れた戦後派新人・香山滋。豊富な動物学の知識を活かして架空の生物を大胆に創造したり、人里離れた秘境を舞台としたり、その強烈な個性は読む者の心を惹きつけました。
 自宅は中野区大和町の<海鰻荘>。そこで生み出された作品は江戸川乱歩など著名な作家たちとの縁を紡いでいきます。
 探偵小説界屈指の人気作家となった香山滋は、田無に転居後、映画「ゴジラ」の生みの親となり、一大ムーブメントを巻き起こします。しかし、彼は「ゴジラ」だけの人ではありません。<海鰻荘>の主人はどんな人柄で、どんな人物と交流したのでしょう。
 異彩の作家、香山滋の世界をご紹介致します。】

期  間 平成27年11月28日(土)~平成28年1月28日(木)
場  所 中野区立中央図書館
・地下1階展示コーナー


●グーグル提供広告