« 国立国会図書館、電子展示「本の万華鏡」の第20回「本でたどる琳派の周辺」を公開 | メイン | 東京工業大学 リベラルアーツセンター・芥川賞作家 磯﨑憲一郎教授 講演会「私の考える小説とは」(2016年1月12日(火) 17:30~19:00、大岡山キャンパス西9号館 ディジタル多目的ホール) »

2015年12月21日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●学校法人城西大学創立五十周年記念国際日本文化シンポジウム「音のテクスチャ:前近代の日本におけるオーラリティ、パフォーマンス、視覚芸術」【基調講演 シラネ・ハルオ氏】(平成28年1月13日(水)、14日(木)、東京紀尾井町キャンパス1号棟地下ホール)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

シンポジウム情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.josai.jp/event/josai50-symposium.html

--------------------

【学校法人城西大学創立50周年を記念して、2016年1月13~14日の2日間、美術、音楽、文学などの代表的研究者を招いた国際シンポジウムを開催いたします。オーラリティ(声の文化)や音楽の果たす役割を探究することによって日本研究にどれほどの変革をもたらすことができるか――それを学際的に見きわめるのが、このシンポジウムのねらいです。

世界中から集った研究者たちによる個々の論文をもとに、近代以前の多様な美的環境における、音とイメージの接点、声と書かれた、あるいは印刷されたテキストの接点、そして、音響的側面を探ります。文学や絵画のパフォーマティビティ(遂行性)から、仏教経典が唄われたときの意味の変容、他に類のない古代の楽器の分析にまで及ぶ幅広いテーマは、近代以前のサウンドスケープ(音風景)をひもとくことで、なぜ、どのように今後の研究に新たな道が開かれるのか を浮き彫りにします。

本シンポジウムが一つ前提とするのは、オーラリティを、記述されたテキストや具現化された絵画・造形といったビジュアルオブジェクトに対立するものとして概念化する必要はなく、むしろ、織物の糸のように、非階層的な関係において、有意な集合体に織り込まれた構成要素と見なすということです。】

会場:
学校法人城西大学 東京紀尾井町キャンパス1号棟地下ホール
〒102-0093 東京都千代田区紀尾井町3-26
http://www.josai.jp/access/

プログラムの概要:

1月13日(水)

15:30 オープニングセレモニー
16:00 基調講演:ハルオ・シラネ (コロンビア大学)
共同的記憶の形成における声、身体、音楽:中世日本の説話のメディア再考
17:15 琵琶演奏:川嶋信子
(祇園精舎、福原落ち、壇ノ浦)

1月14日(木)

午前
10:00 - 10:30 ユージン・ワン(ハーバード大学)
正倉院の琵琶: どのような曲を弾いているのか?
10:30 - 11:00 アシュトン・ラザラス(シカゴ大学)
初期中世日本の民俗芸能とサウンドスケープ
11:00 - 11:30 大内典(宮城学院女子大学)
記されないものは何か ― 仏教声楽の記譜法
11:30 - 12:00 ディスカッション及び質疑応答
コメンテーター:ディディエ・ダヴァン(フランス国立極東学院・東京)
12:00 - 13:30 ランチブレイク

12:00 - 13:30 ランチ

午後
13:30 - 14:00 メリッサ・マコーミック(ハーバード大学)
声を見る:日本の絵巻における対話描写とメタナラティブ
14:00 - 14:30 岡田美也子(城西国際大学)
琴を弾く女―中世説話の音とイメージ
14:30 - 15:00 ディスカッション及び質疑応答
コメンテーター:ハルオ・シラネ(コロンビア大学)

15:00 - 15:30 -休 憩-

15:30 - 16:00 ユディット・アロカイ(ハイデルベルク大学)
和歌のオーラリティに対する江戸時代後期におけるアプローチ―詩的言語の即時性を探る
16:00 - 16:30 タイモン・スクリーチ(ロンドン大学)
江戸時代におけるパフォーマンスとしての絵画と知的演出
16:30 - 17:00 ディスカッション及び質疑応答
コメンテーター:ユキオ・リピット(ハーバード大学)


●グーグル提供広告